栗人による、卒業制作日記です。
新しいアニメーションの可能性を探り、
立体的に表現するアニメーション制作を記録していきます。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
進行状況
200901032127000.jpg  200901031911000.jpg

御無沙汰しておりました…。

なかなか思うようにアニメーション装置が動かず、クリスマスから
試行錯誤しています。

アニメーション装置には木材を利用していたのですが、
木と木が合わさると、その摩擦が強すぎてスムーズに動きません。
また、木で作った歯車の歯は脆く、すぐに欠け落ちてしまっていました。


これでは装置として動かないため、アクリル素材を利用することにしました。
(左の写真が、アクリルで作った装置の一部分です)
木材と同様に穴も開けることができ、切断もでき、それでも強度は強く便利な材料です。


以前ブログにアップしていました玩具の構造を利用していましたが、
安易に構造を見ていて、その玩具が本当はどんなに考えられて作られていたのかを
見れていませんでした。

真似したつもりでも、全然理解していなかったため、構造として成り立っていなかったのです。
どうしてこのような部品が必要なのか、どうしてこの寸法でこの比率なのか、
すべてが意味のあるもので、それが構造として成り立っている。
このことをもっとしっかり頭の中に置き、考えるべきだった。

素材、摩擦、寸法などしっかり考えなおして調整しなおしています。


右の写真は、父が買ってくれた卓上ボール盤です。
家から40分もかけて工房に行って制作する手間をできるだけ省くため、
買ってくれました。父も前々から欲しかったようです。


もう時間はほとんどありません。

何とか進めないと。



↑クリックで応援お願いいたします







| 01:23 | 立体アニメーション制作記録 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |
くりちゃんおつかれさま〜
めっちゃ大掛かりなことやってるね。

完成が楽しみです。
| | 2009/01/05 17:22 |
>2009/01/05 17:22 のコメントの方へ

コメント有難う御座います!
ものが大きくて大きくて、おうちの中で作業できないのが
とっても辛いです。

完成・・・・させたいものです・・・。
頑張ります!

最後に、コメント頂いたのに、お名前がわからないのが
残念です。
| 栗人 | 2009/01/07 00:38 |
ごめん。
名乗るの忘れてた。

りさです。
| りった | 2009/01/08 15:45 |









 
この記事のトラックバックURL

http://kuri-naegi.jugem.jp/trackback/35